オーストラリア到着後すること【ワーホリ準備】

ワーキングホリデー シドニー メルボルン
Pocket

 

今回は「オーストラリアにワーホリに来たらまずすること」について紹介したいと思います。

 

ワーホリに行きたいけど、オーストラリアに着いてからどうすればいいのか分からない・・・と不安になっている人も多いはず。

 

ワーホリエージェントもたくさんあるようですが、

正直、日本から有料エージェントなんて使わなくても大丈夫です。

 

(後々お話ししますが、現地に無料エージェントがあるので

そちらを利用したほうが便利でお得です)

 

たしかにエージェントを利用すれば、

日本からオーストラリアにワーホリに行く際に必要なことはすべて手配してくれるので、かなり便利です。

 

私もワーホリに来る際、エージェントを利用しようか検討しました。

 

ですが、けっこうな額がかかる・・・。

 

そのころ私は新卒1年目でまだ貯金も全くなかったので、

エージェントを利用するなんて破産ぎりぎりでした(笑)。

 

ただでさえビザ代、飛行機代、引っ越し等でお金かかるのに・・・。

 

ということで、私はエージェントを利用せず(できる状況じゃなかった)、

オーストラリアに来てからの生活基盤は自分で整えることにしました。

 

そのころは英語も全く喋れなかったのですが、

そんな私でもなんとか生活必要最低限の整備は自分でできました。

 

ですので、これからワーホリに行くけどエージェントは利用しないよって方、

ぜひこの記事を役立てていただけると幸いです。

 

換金

 

まずオーストラリアに来たらすること、それは換金。

 

空港等でも換金はできますが、できればシティ内に出てから換金したほうがお得です。

 

ちなみにシドニーには、

トラトラ」という日本人スタッフがいる無料の現地エージェントがあり、

そこで換金を行ってくれます。

 

私がワーホリで最初に訪れた場所はシドニー(厳密にいうと住んでいたのはブルーマウンテンズ)だったのですが、

こちらで換金等行いました。

 

冒頭で有料エージェントは必要ない!と言いましたが、

現地には無料エージェントがいくつかあるので、

こちらを利用しましょう!

 

お金をかけず、

利用できるものは利用させてもらうスタンスで(笑)。

 

 

のちに携帯契約、TFNについてお話しますが、

それらについてもこちらのエージェントですべて行ってくれるので

もし最初の目的地がシドニーであれば、ここへ行くことをおすすめします。

 

シティの真ん中にあるのでアクセスも便利です。

 

もちろん無料ですし、英語を話す必要がありません!(笑)

 

携帯契約

 

次に必要なのが携帯の契約。

 

先ほど述べたようにシドニーに向かう方は

トラトラで契約するのをおすすめします。

 

契約料金も通常の携帯通信会社と同等の値段で、

最初の難しい設定などすべて行ってくれます。

 

また何かトラブルがあった際も、日本語で対応してくれるので

後々何かあった際も安心です。

 

ちなみに私は現在メルボルン在住ですが、

いまだにこのトラトラで契約をしています。

 

 

一方で、シドニーに行く予定ではない方。

 

直接、携帯会社に足を運んで契約をします。

 

私がおすすめする会社は、OPTUSかTELSTRA。

 

この2社がオーストラリア国内ではトップの通信会社です。

 

しいて違いを言えば、

 

【OPTUS】
・TELSTRAよりお手頃
・電波に関して、かなり田舎のほうだとTELSTRAより劣る
 
【TELSTRA】
・OPTUSより少しお値段高いイメージ
オーストラリア内では1番通信機能が高い

 

といった感じ。

 

私はOPTUSを利用していますが、

本当に人気のないような田舎に行かない限り

電波が入らないということはないので、

特に問題なく使えていますよ。

 

 

そして携帯会社をどちらにするか決まったら、今度は契約形態です。

主に、

 

・プリペイド式
・年契約式

 

のどちらかです。

 

まずプリペイド式について説明します。

 

プリペイド式とは、毎月ごとに使用料金を支払うシステム。

 

ちゃんと利用月の料金を払わないと翌月使えません。

 

ただ、利用を辞めたいときにすぐやめることができるので、

ほとんどのワーホリはこちらのプリペイド式を利用していると思います。

 

 

 

次に年契約について。

 

こちらは、プリペイド式に比べ少し月々の料金が安いです。

 

しかも口座から自動引き落としができるので、

毎月の支払いを忘れるリスクも減ります。

 

しかし年毎の契約になるので途中解約ができません。

 

ですので、こちらにしばらく滞在予定の方ならこのプランでもいいと思いますが、

いつ帰国するか未定の方、特にワーホリの方はあまりおすすめしません。

 

家探し

 

携帯をゲットしたところで次は家探しです。

 

今後、銀行口座の開設、TFNの申請をしなければならないのですが、

その際に住所が必要になります。

 

ですので、早めにシェアハウスを見つけましょう!

 

オーストラリアでシェアハウスを探す際は、

日本人コミュニティサイトを利用するのがおすすめです。

 

こうしたサイトには、シェアハウス情報、求人情報、売買情報などが記載されています。

ですので、のちのち仕事を探す際もこれらのサイトを利用するとよいでしょう。

 

以下参考にしてください。

【オーストラリア全土】

日豪プレス

JAMS TV

 

【メルボルン】

DENGON NET

 

私がシドニーに滞在していたころは日豪プレスとJAMS TV、

メルボルンではDENGON NETを主に使っていました。

 

メルボルンでしか家探しをしていないので他都市は詳しくないのですが、

おそらく他都市でもそれぞれのコミュニティサイトがあると思うので

気になる方はご自身で探してみてください(ズボラですみません)。

 

ただ日豪プレス、JAMS TVはオーストラリア全土の情報を網羅しているので、

どこの都市に関してもこのサイトだけでも十分役に立つと思います。

 

TFN(Tax File Number)申請

 

TFNとは税金納付管理のために、一人ひとりに与えられる番号です。

 

このTFNがないと基本的には就業できませんので、仕事を始める前に取得しておきましょう。

 

このTFNの申請はすべてオンライン上で可能です。

 

ネットで申請方法を検索すればたくさん出てくるので

こちらを参考になさってください(またズボラですみません)。

 

申請自体はすごく簡単で5~10分ほどで終わります。

 

数日後に自宅にTFNが記載されたレターが届くので、そちらは大事に保管しておいてください。

 

ちなみにシドニーのトラトラオフィスでもTFNの申請をサポートしてくれるので、

換金および携帯契約の際に一緒にやってしまうことをおすすめします。

 

申請は無料です。

 

銀行開設

 

これが私にとっては一番の難関でした。

 

なぜなら英語が喋れないのにここでは絶対英語を喋らないといけないから・・・。

 

 

ですがそんなに難しくはないので根気で乗り切りましょう!

 

まず、口座開設に必要なもの。

 

・パスポート
・オーストラリアの住所
・携帯電話番号
・ビザのコピー

 

これらを持って銀行へ行きましょう!

 

色々な銀行がありますが、ANZ、Common Wealth、NABあたりが主流かな。

 

銀行についたら、口座開設をしたい旨を伝えましょう。

 

すると個別の部屋に連れていかれます。

 

そこで上記の口座開設に必要な情報を聞かれるのでそれらを提示し、

暗唱番号(パスワード)を自分で決めたら終わりです。

 

銀行口座を開設したら、そこに少しお金を入れておきましょう。

 

なぜなら銀行カードを使って支払うことが主になってくるからです。

 

銀行カードは数日後に自宅に届きます。

 

こちらの銀行カードはデビットカードなので、

お店等での支払いはカードをかざすだけで直接口座から引き落としてくれます。

 

現金を持ち歩くよりもカードを主に使うほうが便利です。

 

また基本的にはどこもお給料の支払いは銀行口座振り込みなので、

カードを使うことがメインになるでしょう。

 

 

 

そして銀行カードが自宅に届いたら、

今度はそれをアクティベートしなければなりません。

 

そのためにはパソコンか携帯アプリで銀行サイトにログインします。

 

ログイン後、銀行カードに入っているレター通りに操作すればすぐにアクティベートできます。

 

また、TFNも登録しなければいけないので、こちらも自宅に届いていれば同時に登録しておきましょう。

 

以上が銀行口座開設の流れとなります。

 

まとめ

 

私の場合、最初シドニーにてトラトラさんにとてもお世話になったのですが、

メルボルンにも現地無料エージェントがあります。

 

それがiae留学ネットです。

 

こちらは私が学生ビザを申請する際にお世話になったのですが、

こちらでもワーホリサポートを行ってくれます。

 

もしメルボルンが最初の目的地ならば、

ここを訪れて相談してみるのもよいでしょう。

 

最初は英語も喋れず、

未知の世界に一人で新しいことに挑むことはとても不安でした。

 

ですが、やろう!という強い気持ちがあればなんとかやっていけます。

 

そのうち友達も増え、助けてくれる人も現れます。

 

結果すべていい経験となるでしょう。

 

せっかくのワーホリ生活、チャレンジすることを恐れないでください。

 

もしよければこちらの記事も参考に↓

私がオーストラリアにワーホリに来たきっかけ

 

Pocket