【コロナ】遠隔医療を受けられなかった話【メルボルン】

Life

 

今回はメルボルンで利用できる

遠隔医療サービスの内容についてご紹介します。

 

先日メルボルン領事館から、

現在のコロナ感染拡大を受け、病院へ行くのを躊躇している人向けに

日本語にて遠隔医療サービスが利用できるという旨の通知が来ました。

 

「お医者さんの診察を受けたいけど、病院での感染が怖い」

「英語で診察を受けるのはちょっと不安」

 

そんな人にとっては、とっても助かるサービスですよね。

 

 

実際に、我が家も息子の生後6週目検診のため

今週GPに行かなければなりませんでした。

 

しかし、まだ免疫力のない赤ちゃんを連れて、

人の密集する場所には行きたくないなあと思っていたところ。

 

 

ちょうどそんな時!

 

ナイスなタイミングで

メルボルン領事館からこの遠隔医療サービスの通知を受けたため

早速私も遠隔医療サービスを利用してみることに。

 

 

実際に利用してみてどうだったのかというと、

結論から言って、

うちはこの遠隔医療サービスを受けられませんでした・・・。

 

 

・・・ということで、

今回はこの遠隔医療サービスの概要、

なぜうちは利用できなかったのか、

その内容を詳しく紹介していきます。

 

遠隔医療サービスの概要

 

以下、メルボルン領事館から引用した内容です。

1 対象者
新型コロナウイルスに感染の疑いがある方のほかに、病気や体調不良のため医師の診察や薬の処方を受けたいが、病院を行くことに躊躇している方、家庭や仕事との関係で昼間に病院に行けない方、近隣に日本語が通じる病院がない方など。

2 遠隔医療サービスの概要
Telehealthによる診察一般診察、心療内科、産婦人科診療、薬の処方など

保健省リンク
https://www.health.gov.au/ministers/the-hon-greg-hunt-mp/media/covid-19-whole-of-population-telehealth-for-patients-general-practice-primary-care-and-other-medical-services

3 利用方法
医療機関に電話し、事前予約のうえ診察を受けてください。

4 留意事項
 Medicare加入の方は無料。加入されていない方も有料で診察が受けられます。病院によっては初診の方は受け付けられない場合があります。海外旅行保険に加入している方は,事前に保険会社へTelehealthを受診したいことを相談することでキャッシュレスで受診可能な場合があります。また、処方箋も対応可能ですが、薬によっては処方できない場合など例外もあります。予め病院に確認願います。 医療機関によっては、州を越えてのサービス利用も可能です。Albert Road General Practiceに関しましてはただいま確認中です。″

 

対応病院一覧

 

以下が、メルボルンにて日本語で遠隔医療サービスを受けられる医療機関一覧です。

(クリックすると各医療機関のHPへ飛べます)

 

 

詳細は、在メルボルン日本国総領事館HPを参照してください。→https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/link_j.html

 

実際に予約してみた

 

上記の病院のうち、

私は「日本語医療センター」に電話してみました。

 

こちらは電話窓口も日本語対応なので、安心して利用できます。

 

 

早速、遠隔医療サービスにて息子の6週検診を受けたい旨を伝えると・・・

 

それは無理ですね」と一言。

 

え、産婦人科も対象って書いてたやん・・・

 

赤ちゃんの検診は、

直接GPで診なければならないと言われました。

 

あと数週間すればこの状況もだいぶ収束していると思われるので、

落ち着いてから検診を受けてください、とのこと。

 

 

うーん、これだと生後2か月以降になりそうです・・・。

 

6週検診の内容は身体測定くらいなのかなーと思っていたので、

勝手に、私はこの遠隔診察を受診することができるだろうと思っていました。

 

電話越しでの診察となるので、

遠隔医療サービスを受けられるかどうかは

やはり内容次第とのことです。

 

まとめ

 

この遠隔医療サービスは、現状況下においてとても助かりますが

正直、何を基準に診察を受けられるのか明確でないため

とりあえず電話してみないと分からないというのが面倒なところ。

 

また、うちの場合は病気やケガで診察を受けたいわけではないにも関わらず即答NGだったため、

遠隔医療サービスを受けられる人もかなり限られるのではないかと思われます。

 

気になる方は一度、医療機関に問い合わせてみてくださいね。

 

【関連記事】

美味しくて便利♪フードデリバリーサービスを利用してみよう!【オーストラリア】

【コロナ】使い方は多種多様!万能除菌スプレーなら「Bosisto’s」

コロナに効く薬はパナドール!?服用してはいけない薬とは?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

タイトルとURLをコピーしました