【シンガポール】電車(MRT)切符の種類

Travel

 

今回はシンガポールの切符の種類について詳しく紹介します。

 

さて、MRTの切符の種類は3種類です。

 

・スタンダードチケット

・ez-link

・シンガポール・ツーリスト・パス

 

それぞれの違い・用途について詳しく紹介します。

 

 

スタンダードチケット

 

MRTを利用する際、都度お金をチャージして使用するチケット。

 

短期旅行者向けです。

 

 

タッチパネルで駅名を指定し、

その金額分を支払うと自動的にチャージされます。

 

行先分の運賃分のみ、その都度支払うシステムなので

ICカードにお金が残る心配がありませんね。

 

 

使える紙幣・コインは5ドルまでなので、

換金する際、小さいお金を用意しておきましょう

 

 

ちなみに初回の購入では、

10セントがデポジットとしてチャージされます。

 

デポジットは6回以上の利用で自動的に返却されますよ。

 

 

これが実際のスタンダードチケット↓

 

 

とてもペラペラなのですが、

IC機械にかざすとちゃんと「ピッ」と反応してくれます(笑)。

 

私がシンガポールを旅行した際も

スタンダードチケットを利用しました。

 

短期間の旅行であればこちらのカードでよいと思います。

 

購入は自動販売機にて可能です♪

 

ez-link

 

簡単に言うと、

オーストラリアでいうオパールカード、マイキー、ゴーカード、

また、日本でいうとSuicaやPasmoのような

プリペイド式ICカード

 

長期滞在者向けのカードです。

 

 

このカードはMRTと路線バス、両方に対応。

 

 

初回の購入には12ドルかかります。

(うち7ドルが運賃代、残りの5ドルがカード代)

 

しかしこのカード代の5ドルは、

スタンダードチケットと違って返金されないので注意です!

 

 

ですが、ez-linkカードだと

比較的安い運賃で利用できるというメリットもあります。

 

ただ、もともとシンガポールの電車運賃はかなり安いので、

旅行者はスタンダードチケットで十分でしょう。

 

 

購入はMRT駅のチケット窓口で可能です。

 

シンガポール・ツーリスト・パス

 

シンガポール・ツーリスト・パスは

MRTと路線バスが乗り放題のチケット。

 

日本の観光地でも、旅行者向けに

こういったタイプのチケットがありますよね。

 

数日シンガポールに滞在予定、かつ、

交通機関を多く利用する予定の旅行者向けです。

 

 

運賃は以下。

 

・1日券 20ドル

・2日券 26ドル

・3日券 30ドル

 

ツーリストパスは、スタンダードチケットと同様、

デポジット料金が含まれています。

 

 

発効から5日以内にこのパスを返却すると

10ドルのデポジットが戻ってきますよ。

 

 

ですが、

購入・返却には指定されたMRTの駅のみ可能なのでご注意を!

 

まとめ

 

もう一度簡単にまとめてみると、

 

スタンダードチケット→短期旅行者向け

ez-link→長期滞在者向け

シンガポール・ツーリスト・パス→数日滞在予定で、頻繁に交通機関を利用する旅行者向け

 

といった感じです。

 

 

通常の旅行であれば、

基本的にはスタンダードチケットがおすすめです。

 

繰り返しになってしまいますが、

シンガポールは基本的に電車運賃自体が安いので、

ツーリストパスを購入しても

相応の金額使う可能性が低いからです。

 

 

目的に合わせてチケットを選びましょう♪

 

 

また、シンガポールの歩き方について

以下の記事にて紹介しているのでぜひ参考にしてください↓

日本帰国はシンガポール経由で!【弾丸観光おすすめプラン】

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました