私がリクルートを新卒1年目で辞めた理由・そして海外生活5年目の今

Working holiday

 

私は大学を卒業後、リクルートに就職しましたが、新卒1年目で辞めました。

 

お給料もいいし、会社の人たちは優しい人ばかり。

 

なによりリクルートの社風でもある「自分が成長できる環境」において

様々な経験をさせてもらえたことは、

今日の自分を作っている大切な時間だったと今でも思います。

 

 

では、なぜ私が必死に就活をして就職したリクルートを新卒1年目で辞めたのか。

そして、なぜ今海外生活を送っているのか。

 

今日はそのことについてお話していこうと思います。

 

リクルートでの仕事内容

 

まずリクルートでの私の仕事内容をざっくりお話ししようと思います。

 

リクルートとは、みなさんご存じの通り大手人材企業。

転職、就活、結婚、住まい、学習・・・など、

人材企業といってもその分野は多岐にわたります。

 

 

その中でも私が携わっていたのが派遣事業

 

私は営業職として、派遣社員を探している企業にスタッフを紹介、

またスタッフに対しては仕事紹介をするという仕事をしていました。

 

 

特に私は新卒1年目ということで、企業の新規開拓をメインに行っており、

毎日テレアポ・飛び込み営業をひたすら行っていたのを覚えています。

 

引き継ぎなしでゼロから数字を作るというのは正直とてもしんどかったですが、

経験もほとんどない若いうちから、

様々な年齢・性別・役職の人たちと1対1で関わる機会を多く設けてもらったのは、

その後も人と関わる上でとてもいい経験になりました。

 

なぜリクルートに就職したいと思ったのか

 

私がリクルートで働きたいと思った理由は、

働くことに生きがいを持てるような仕事を誰もができる社会にしたいと思ったからです。

 

なぜそう思ったのかというと、自身が電車の中で疲れ切っているサラリーマンや、

社畜と化している知り合いを多く目にしてきたことから、

自分もそんな風になりたくないと思ったから。

 

大学生の頃は、社会人になると仕事に囚われた地獄のような生活が始まるものと思っていました(笑)

 

 

そういった思いから、自分がその人に見合った仕事を提供する側となり、

「生活のため」に働くのではなく、

「やりがいがあるから」働きたいと思える人を増やすような役割を

リクルートという会社で担っていきたいと思っていました。

 

私が新卒1年目でリクルートを辞めた理由

 

では、本題へ。

 

私がリクルートを辞めようと思った理由は以下の2つです。

・ワーホリに行きたいと思ったから

・仕事にやりがいを見出せなかったから

 

 

まず、1つ目「ワーホリに行きたいと思った」ことについて。

 

私は元々、学生のころから海外に興味があり、バイト代を貯めてはよく旅行に行っていました。

 

そんな中、いつかは旅行ではなく、海外に住んでみたいという思いを抱くようになりました。

 

ですが、金銭面や就活をしなければならないという思いから、

大学3年生になると周りと同じように「就活をして日本で働く」という選択肢をしたのです。

 

 

しかし、就職しても胸中はまだずっと「いつか海外に住みたい」という思いのまま。

 

そんな時、ワーホリという制度を知りました。

 

いつか海外に住みたいって、そのいつかはいつ実現するんだろう?

今動かないと結局ずっとこの環境にとどまったままになるんじゃないか?

まだ若いんだから、今行動すれば海外で多くの経験を積めるんじゃないか?

 

こうした思いから私は即行動に移すことに。

 

 

ということで、ワーホリ制度を知ってからオーストラリアに発つまでの期間は約3か月

 

その間にワーホリの準備だけでなく、会社に退職することを告げ、引っ越しを済ませ、

バタバタと事を済ませていきました。

 

 

そして2つ目の理由、「仕事にやりがいを見出せなかった」ことについて。

 

リクルートはやりたいと思ったことはなんでも挑戦させてもらえる環境にあり、

自分を成長させるのにはとても恵まれた職場だったと思います。

 

ですが、私は仕事内容に対して次第にやりがいが見いだせなくなっていたのです。

 

 

なぜなら、自分が描いていた理想の目標と現実は違っていたから

 

私が描いていた理想は、「派遣スタッフに対して、本当にやりたいと思える仕事を提供し、その仕事に生きがいを感じながら生活も豊かにしてほしい」ということ。

 

ですが、実際には仕事へのこだわりややる気がない派遣スタッフが多く、

就業開始できたとしても、何らかのトラブルが発生することも多々でした。

 

その度に企業に対して謝りに行くのは営業の私。

 

本当はスタッフに寄り添って仕事を見つける手助けをしたいと思っていたのに、

私の思いと現実のズレに、次第に目標が「数字をつくること」になっていきました。

 

 

そこで気づいたのは、「私のやりたいことはこれじゃない」ということ。

 

今思えば、もしかしたらリクルート内でも派遣業ではなく、

転職業であればまた状況は違っていたかもしれません。

 

やりがいが見いだせなくなった瞬間、毎日がとても無駄に思えてきたとともに、

やっぱり自分の人生だから自分の好きなことをしよう」と決めました。

 

そして、それが「海外へ行くこと」でした。

 

海外に行くためにやっていたこと

 

ではそのために私は何をしていたかというと、「情報集め」でした。

 

具体的にどのような方法かというと、主に以下の3つです。

・本

・ネット

・海外にいる友達から話を聞く

 

情報を多く得ることで、海外へ出ることに対する不安や迷いはなくなりました。

 

その不安や迷いというのは、大学を出てリクルートに就職したのに、

これまで築いてきたものが全て無駄になるんじゃないか、

新卒1年目で会社を辞めることは恥ではないか、

将来は大丈夫なのか、

というものです。

 

以下の記事にて私のおすすめの本を紹介しているので、

ぜひ目を通してみてください↓

【海外に出たくて悩んでいる人へ】あなたの背中を押してくれるおすすめの本3選

 

路頭に迷わないように人生プランを立てた

 

ワーホリが終わってからも自分の方向性を見失わないよう、

私は海外に出てから向こう10年までの人生プランを立てました。

 

プランを立てるうえで決めたことは、

・何歳までにどこで何を成し遂げるか

・そのために何をするか

・最終的にどういう自分でありたいか

ということです。

 

 

当時の私にとっては海外で何かを成し遂げるというのは

とても高いハードルに思えていましたが、

先ほど述べた「情報を集める」ことにより手段や方法さえ見つけてしまえば、

あとはそれに向かって実行するのみでした。

 

できるかできないか(やるかやらないか)は、

正直「本当にやりたい」という気持ち次第かと思います。

 

そして海外生活5年目を迎えた

 

2016年にワーホリでオーストラリアに渡豪して以来、

現在はメルボルンにて結婚・出産し、今後もこの地に住む予定です。

 

今思うことは、あの時自分の気持ちに素直になったからこそ、

今、自分が送りたいと思った人生を送れているな、ということ。

 

 

もちろん当時考えていた人生プランとは違う方向に進みましたが、私は今とても幸せです。

 

それは常に自分のやりたい方向性に向かって人生を選択してきたから

 

思った通りの方向に行かなくても、たとえ失敗をしても、

自分がやりたいと思って行動したことなら、

それらは必ずプラスの人生経験をもたらしてくれます。

 

 

なぜそう思うのかというと、

リクルートで働いていた時は自分が成長できる場はたくさんあったのに、

やる気がなかったため毎日が無駄に思えていたから。

 

ワーホリに出てからは日本にいた時とは比にならないほど貧乏生活をしていましたが、

リクルートで働いていたころよりも充実した毎日を送っていました。

 

これからも自分の好きな人たちと、好きな場所で、好きな生活をしていきます。

 

まとめ

 

私は「海外に行きたい」という思いを抱きながらもリクルートに就職しましたが、

結局1年目で辞めオーストラリアへワーホリに行きました。

 

だったら最初から就職せずにワーホリに行った方がよかったのにね、

と思う人もたくさんいると思いますが、

リクルートで働いた経験は決して無駄なものではありませんでした。

 

仕事を通して様々な人や世界を目にすることで、

「海外に行く」という自分の思いを行動にすることができたと思っています。

 

 

経験の積み重ねは自分に自信を与え、

夢を実現するための勇気を与えてくれるものだということを学べました。

 

これからも自分の人生を自分らしく生きていこうと思っています。

 

【関連記事】

私がオーストラリアにワーホリに来たきっかけ

私がワーホリ準備にかかった費用【オーストラリア】

【オーストラリア語学学校】学生ビザ申請費用は?授業内容は?通う頻度は?

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ


タイトルとURLをコピーしました