たった1分でできちゃう!マスク紐の作り方

Lifehach

 

今週の木曜からメルボルンではマスク着用が義務となりましたね。

 

しかも、違反すれば罰金$200!!

 

 

ということで、

私もせっせとマスク作りに励んでいたのですが・・・

 

ここ数日はどこに行っても

ゴム紐が品切れ状態!

 

これじゃあマスク作れないじゃーん!

しかも使い捨てマスクも高いし!!

 

と思っていたのですが、

先日マスク紐を簡単に作る方法をネットで見つけたので

今回はその方法をご紹介♪

 

ちなみにマスクの作り方については

以下の記事を参考にしてみてください↓

マスクを手作りしてみた!【オーストラリア】

 

ではさっそくいってみましょう~!!

 

必要な材料は2つのみ

 

マスク紐を作るのに必要な材料はこちら。

 

・柔らかい布切れ

・はさみ

 

たったこれだけ!!

 

ちなみに布切れは、柔らかくて伸縮性のあるものが良いです。

(着なくなったコットン生地の洋服なんかおすすめ)

 

 

もしくは、ストッキングやタイツでも代用可。

 

ネット上ではストッキングやタイツを使用した作成方法がよく紹介されていますが、

個人的には布切れのほうがしっかりしている上に、見栄えもいいのでこちらがおすすめ。

 

マスクを作るときに余った生地を使えば、

マスクのデザインにもマッチしますよ♪

 

作り方はとっても簡単♪

 

まず、このように布切れを1㎝幅で縦長に切っていきます。

 

 

そして、この布をびよ~んと伸ばす。

するとこのようにくるっと丸まるのです!!

 

 

以上。

とーっても簡単ですよね♡

 

ちなみに、布の裁断部分は内側にくるっと丸まるので、

きれいにまっすぐ切らなくても大丈夫ですよ。

 

完成品の比較

 

こちらが実際に布切れで作った紐を通したマスク。

 

 

そしてこちらがゴム紐を使ったもの。

 

 

比較すると、

見た目もマスクにマッチしているうえに、

ゴム紐よりも布切れ紐のほうが柔らかく、

伸縮性も良いので耳が痛くなりません。

 

メリット・デメリット

 

以上を踏まえた上で、

布切れ紐のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

【メリット】

・マスクを作る際に使用した布の余りで作ることができる

・簡単に作ることができる

・お金がかからない

・着け心地も◎

 

【デメリット】

・布を裁断する手間がかかる

・かたい生地(伸縮性がない生地)ではつくれない

 

デメリットより断然メリットのほうが大きい!!

 

まとめ

 

この方法であれば、お金をかけず、簡単にマスク紐が作れちゃいますよ♪

 

冒頭でも述べたように、

メルボルンではマスク着用義務化が宣言されて以降、

どこに行ってもゴム紐が売り切れ状態です!

 

これを機に、今一度、家のクローゼットを開いて、

着なくなった洋服をマスクにリメイクしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

【コロナウイルス】うがい薬の代用品は「リステリン」!?

コロナに効く薬はパナドール!?服用してはいけない薬とは?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

タイトルとURLをコピーしました