【コロナウイルス】うがい薬の代用品は「リステリン」!?

Goods

 

今回は、我が家がうがい薬の代用品として使用しているアイテムをご紹介します。

 

それが「LISTERINE(リステリン)」。

 

 

えっ、リステリンって歯磨きの後にクチュクチュするやつじゃないの!?

 

って思われた方。

 

そうです、リステリンはマウスウォッシュです(笑)

 

 

ですが、コロナウイルスの感染が広がっている中、

サニタイザーやハンドソープ同様、うがい薬も入手困難となっている商品の1つ。

 

まだ年始のころはうがい薬を薬局で購入することができましたが、

今では全く店頭で見かけません。

 

ですが、「うがい・手洗い」は感染防止にはとても重要です。

 

 

そこで我が家のうがい薬の代用品として選ばれたのがリステリン!

 

マウスウォッシュで効果あるの?と思われるかもしれませんが、

答えとしては、「正直わかりません」(笑)

 

ですが、可能性はあります!

 

早速リステリンの効果や成分について詳しくみていきましょう!

 

リステリンをうがい薬として選ぶ理由

 

なぜ我が家がリステリンをうがい薬の代用品として選んだのかというと、

お口の細菌を99%殺菌する能力があるから」です!

 

みてください、堂々とパッケージにうたっております↓

 

 

リステリンはマウスウォッシュなので、

これがコロナウイルスの感染予防に効果的なのかは分かりませんが、

可能性はゼロではないと信じております(笑)

 

 

ちなみに、リステリンには本来のマウスウォッシュの役割として、こんな効果もありますよ↓

 

 

要するに、歯を強くしますよってことですね。(当然ですが)

 

当然ながら虫歯予防効果もあり♪

 

リステリンの成分は?

 

こちらがリステリンに含まれている成分↓

 

 

Waterの次に多い成分は・・・

Alcohol(アルコール)!!

 

ということは、ちゃんと殺菌能力も高そう!

 

 

コロナウイルスの感染が流行り始めたころ、

中国ではうがい薬としてウイスキーを買い占める動きがありましたが、

リステリンならお酒よりもはるかに安い値段で殺菌効果が見込めそうです(笑)

 

内容量・値段

 

うちで使っているリステリンはChemist Warehouseで購入

 

内容量は1L、値段は$12でした。

 

リステリンも種類がたくさんあるので、

すべての種類が同じ値段ではありませんが、

ほとんど$12ほどです。

 

通常のうがい薬に比べると、

内容量は多く、値段もお安いです。

 

持ちがいいのでお財布にも優しい♪

 

まとめ

 

冒頭にもお伝えしたように、現在は消毒グッズがどこに行っても品薄状態!

 

ですが、リステリンなら在庫はいっぱいありました(笑)

 

リステリンをうがい薬に使おうという発想を持った人はなかなかいないと思うので、穴場商品かと思います。

 

ただ、もう一度言いますが、リステリンがコロナ感染予防に効果があるという保証はできません(笑)

 

 

ですが、水うがいよりかはまだマシかも!?

 

ぜひ参考にしてみてください♪

 

【関連記事】

コロナ感染防止には表面除菌が大切!コスパのいい優秀除菌剤にはこれ♪

コロナに効く薬はパナドール!?服用してはいけない薬とは?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

タイトルとURLをコピーしました