【メルボルンコロナ】感染状況を知るのに役立つおすすめウェブサイト3選

Life

 

今回はメルボルンの感染状況を把握するのに役立つ

おすすめウェブサイトを3つご紹介します。

 

これらのウェブサイトを網羅しておけば、

メルボルンのコロナウイルスに関連する必要な情報は

ほとんど揃うと思いますのでぜひ役立ててみてください。

 

COVID LIVE

 

Covid Liveの特徴は、

感染状況がわかりやすい

ということ。

 

 

今一番みんなが知りたいことは、「今日の感染者数」だと思います。

 

このサイトは感染状況をすべて数値化しているため、

シンプルで非常にわかりやすいです。

 

英文でつらつらと感染状況を書いているニュース記事よりも、

瞬時に必要な情報が分かりますよ。

 

 

具体的には、1日の感染状況に関して以下のことが分かります。

 

・感染者数

・現在の陽性者数

・コミュニティ感染数

・検査数

・死者数

・回復者数

・入院患者数

・ICU治療者数

 

 

また、感染者数に関しては、エリアや発症ケース等、

カテゴリー別で調べることもできます。

 

ホットスポットが分かることから、

感染リスクを避ける点でも非常に役に立ちます。

 

 

カテゴリーは以下の通りです。

 

・ビクトリア州全体

・ビクトリア州のエリア別

・ポストコード別

・エイジドケア

・医療従事者

・年齢別

 

 

瞬時に感染状況を把握したいときは、

断然COVID LIVEがおすすめです。

 

COVID LIVE ウェブサイト↓

https://covidlive.com.au/

 

「7 NEWS Melbourne」Twitterアカウント

 

「7 NEWS Melbourne」Twitterアカウントの特徴は、

コロナウイルスに関する新しい情報を

リアルタイムで知ることができる

ということ。

 

 

ビクトリア州の感染状況が悪化して以降、

アンドリュー州知事はほぼ毎日記者会見を行っていますが、

この会見をテレビで見れない人も多いのでは?

 

 

そんな方でも7 newsのTwitterアカウントに目を通せば、

会見内容をリアルタイムで知ることができます。

 

 

また、報道機関による情報発信のため、

重要なことを簡潔に」伝えてくれるという点でも優れています。

 

 

ここ数日、新たな規制が多く発表されているため、

政府の動向は素早くキャッチしておきたいところですね。

 

「7 NEWS Melbourne」公式Twitterアカウント↓

https://twitter.com/7NewsMelbourne?s=20

 

ビクトリア州ホームページ

 

ビクトリア州ホームページの特徴は、

正確で詳細な情報を得ることができる

ということ。

 

まあ政府が運営しているウェブサイトなので当然ですが・・・。

 

 

ただ、個人の意見として、

このビクトリア州ホームページは非常に見づらいのがネック

 

なぜかというと、先ほど述べた英語つらつら文面だから!

 

 

日常英会話レベルの私からすると、

ネイティブでないうえに、

グラフや表を全く用いない英文オンリーページなので、

知りたい情報を探すのに少し苦労します。

 

そういった面では、

さきほど紹介した2つのウェブサイトのほうが使いやすいです。

 

 

とはいっても、オーストラリアのコロナウイルスに関する情報を得るうえで

ガバメントのホームページは最も信頼性のあるウェブサイトです。

 

根拠のない情報や、不透明な情報があった場合には

ビクトリア州ホームページを参照すべきでしょう。

 

ビクトリア州「COVID-19 Daily update」ページ↓

https://www.dhhs.vic.gov.au/coronavirus-covid-19-daily-update

 

まとめ

 

・感染者数を知りたいのか

・リアルタイムで現状を知りたいのか

・正確な情報が欲しいのか・・・

 

目的によってぜひこれらのウェブサイトを

使い分けてみてください。

 

 

そして、「感染を防ぐ」という点においても、

これらのウェブサイトを活用していってほしいと思います。

 

【関連記事】

【徹底解説】Permitted Worker Permit記入方法と内容【メルボルンコロナ】

【メルボルン】最新!ロックダウンステージ4の内容まとめ【コロナ】

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へにほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

タイトルとURLをコピーしました