バイロンベイに1か月半住んでいた私がおすすめする現地観光スポット

ワーキングホリデーTravel

今回は私が1か月半滞在していたバイロンベイについて、

バッパーや観光スポット等を紹介したいと思います。

 

バイロンベイといえば、ヒッピー、オーガニック、ビーチ、ヨガ等、有名ですが、

実際に私が1か月半暮らしてみて目にしたバイロンベイの魅力を

ぜひ知ってほしいと思います!

 

アーツファクトリー(Arts Factory)

 

私がバイロンベイに滞在していた1か月半、

バックパッカーにずっと泊まっていました。

 

そこがアーツファクトリーというところです。

 

ここはバイロンベイで最も有名なバッパーで、

旅行がてらのステイの人もいれば、ここに長らく住んでいる人もいます。

 

街中からこのバッパーまでは歩いて10分ほどですが、

このように定期バスも毎日無料で出ており誰でも利用可能です。

 

バイロンベイ バス ワーホリ

 

私がステイしていたのは、

2段ベッドが5台設置されいる10人部屋の共同コテージでした。

 

ですが、常に10人滞在してわけではなく、大体いつも5人程度。

 

その中でここに暮らしていたのが私含め3人ほどでした。

 

そのうちの1人にパース出身の女の子がいたのですが、

いつも同じ屋根の下で生活をしていたのでとても仲良くなり、

今でも時々連絡を取り合っています。

 

 

このコテージでの宿泊料金は週$200ちょっとくらい。

 

また、このコテージの横の敷地はテント村のようになっていて、

このテントの中で暮らしている人もたくさんいます。

 

バイロンベイ バックパッカー

 

このテント村でのステイだとおそらくもっと安いです。

 

 

そして、このバッパーでは、毎日イベントを開催していて、

このように入口に毎週予定表が掲示されます。

 

バイロンベイ バックパッカー ワーホリ

 

実際に私もこの滞在中、ヨガ教室に参加していました。

 

ヨガ教室はバッパーの敷地内で行われ、

ちょうど私が滞在していたコテージの目の前の広場が会場となっていました。

 

ヨガ バイロンベイ

 

しかもこのヨガ教室、なんとたったの$5!!

 

1時間ほどレッスンを受けることができます。

 

かなりコスパがいいです。

 

これまでヨガの経験はなかったのですが、

これを機にすっかりはまってしまい、毎日参加していました。

 

自然に囲まれながら行うヨガは心身ともにリラックスでき、最高です。

 

 

バイロンベイはヨガのスクールや、ビーチでのヨガイベント等も多くあります。

 

ヨガが盛んな場所ですので、機会があればぜひ参加してみてください。

 

 

 

また、このアーツファクトリー内には自然がたくさんあるので、

かわいい動物たちも遊びに来ます。

 

バイロンベイ バックパッカー ワーホリ

 

バイロンベイ バックパッカー

 

特にこのトカゲのような生き物はしょっちゅうコテージ前に現れて

私が食べている朝食を狙っていました(笑)。

 

 

このアーツファクトリーには、多くの出会い、イベント、発見があり、

ここに滞在しているだけでもかなり充実した時間が過ごせますよ!

 

メインビーチ

 

バイロンベイといえば、ビーチです!

サーフィン目的でこのバイロンベイに訪れる人も多くいます。

 

このビーチなんですが、ここでしかお目にかかれない名物があるんです。

 

それは・・・

この巨大な砂浜アート!!

 

ワーキングホリデー

 

毎朝おじいちゃんが一人でこの砂浜にこうしたアートを描いています。

 

しかも、毎日いつも違う絵なんです。

 

朝方にビーチを訪れると

実際におじいちゃんがこの絵を描いているところを目にすることができますが、

夕方ごろになると潮が満ちてこのアートも消えてしまうので

昼頃までにこのビーチを訪れるのがおすすめです。

 

 

また、街中からこのビーチへ続くメイン通りには

たくさんのレストランやテイクアウェイショップがあるので、

お昼ご飯を買ってよくビーチで食べていました。

 

節約のためにサンドイッチを手作りしてビーチに持っていくことも(笑)。

 

ビーチ ワーキングホリデー

 

海を眺めながら食べるランチは、おいしさも倍増しますよ。

 

おすすめショップ

 

【MOKHA】

ここは朝食やランチにおすすめのカフェです。

 

天気のいい日は、屋外テラスで食べると最高に気持ちいいですよ。

 

おすすめメニューはオムレット。

 

カフェ

 

お皿いっぱいの大きいオムレットの中には、

チーズ、マッシュルームやホウレン草などが入っており

食べ応え抜群だけどヘルシーな一品。

 

【Byron Bay Cookie Company Gift Shop】

バイロンベイに来たら訪れてほしいのがここ。

 

バイロンベイクッキーといえばこのロゴですよね。

 

バイロンベイ クッキー

 

バイロンベイクッキーはオーストラリア全土で手に入れることができますが、

ここでは様々な種類のクッキーが販売されています。

 

このバイロンベイクッキー、食べたことがある人がご存じかと思いますが

めちゃめちゃ美味しいんです!!

 

メルボルンに住んでいる今でも、

バイロンベイクッキーを見つけたら買っちゃいます。

 

ただ、少々お値段が高め・・・。

 

 

ですが、ここではそのバイロンベイクッキーが安く手に入るんです!

 

それが、型崩れしたもの、割れてしまったもの等、

訳ありのアウトレット品

 

見た目は劣りますが、

味は通常販売されいるものと同様のクオリティです。

 

お得に美味しいクッキーを手に入れることができるので

ここで大量買いするのおすすめ!(笑)

 

アウトレット品を手に入れる機会はなかなかないので、

ここを訪れた際はぜひ手にしてみてください。

 

ケープバイロン(Cape Byron Lighthouse)

 

バイロンベイのシンボルとなっている灯台、ケープバイロン。

 

街中からは、車で行けば10分程度、徒歩で40分程度です。

 

徒歩で行く場合、メインビーチから行くパターンと、

山を登っていくパターンがあります。

 

山コースのほうが近道ですが、

海コースだと海岸沿いを灯台のほうに向かってずっと歩いていくだけなので簡単です。

 

 

灯台にたどり着くと、高台ということもあり素晴らしい景色が広がっています。

 

ケープバイロン ワーキングホリデー

 

徒歩で向かった場合、高台を上った先に絶景があるので

なんだか努力が報われた気分になります(笑)。

 

この灯台の中に入ることができるツアーも開催されているので

興味のある方は参加されてみてください。

 

 

また、この灯台がある場所はオーストラリアの最東端でもあり、

こんな看板があります。

 

バイロンベイ オーストラリア

 

運が良ければ、野生のイルカやクジラが泳いでいる姿も見れるかも!

 

サンデーマーケット

 

バイロンベイでは月に1度、サンデーマーケットが開かれます。

 

バイロンベイ ワーキングホリデー

 

このマーケット、全部まわろうとしたら1時間以上はかかるんじゃないかな?

というレベルにかなり大きな規模です。

 

特にここで販売されているハンドメイド雑貨は、

バイロンベイらしくカラフルなものが多いのでとっても可愛いです。

 

 

フードバンもたくさんあるので、コーヒー片手にマーケット巡りを堪能し、

お腹がすいたらご飯を選んで・・・♪という楽しみ方ができますよ。

 

先ほど述べたように、

このマーケットは月に1度しか開催されないので、

開催日時をチェックしてから足を運んでくださいね。

 

Website:

https://www.byron-bay.com/markets/byron-community-markets/

 

おまけ

 

バイロンベイの近くにある小さな街を紹介したいと思います。

 

それがMullumbimbyというところです。

 

バイロンベイからバスで1時間ほどで着きます。

 

私は仕事もせず、ただバイロンベイに1か月半も滞在していたので

毎日退屈だな・・・と次第に思うようになり(笑)、

少し足をのばしてみようと調べたところ見つけたのがこの町。

 

観光地ではないのでバイロンベイほどではありませんが、

お洒落なカフェやオーガニックショップがたくさんあります。

 

バイロンベイ ワーホリ

 

街中の壁画もかわいいです。

 

バイロンベイ ワーホリ

 

時間に余裕のある方はぜひここも訪れてみてくださいね。

 

まとめ

 

以上、バイロンベイの魅力を簡単にぎゅっと紹介してみました。

 

特にバイロンベイにあるカフェや雑貨屋はどれもお洒落で

その魅力を一軒一軒すべてお伝えしたかったのですが、キリがないので

そこはぜひ自ら足を運んでお気に入りのお店を見つけてみてください♪(笑)

 

小さな街ですが、魅力あふれる街でもあります。

 

バイロンベイ独特の雰囲気をぜひ味わってみてください!

タイトルとURLをコピーしました