これは使えた!産後に活躍したアイテム4選 【オーストラリア出産記録】

Baby

 

今回は、産後に「これは使えた!」という便利グッズをご紹介。

 

産後はしばらく動けないので、必要なものはできれば産前にすべて揃えておきたいもの。

 

ですが、よく本やネットで紹介されている出産準備リストはかなりの量なので、

どれが本当に必要なの!?という声も多いのでは。

 

あれば便利かもしれないけど、実際に使うかどうか分からないものは

購入することを躊躇してしまいますよね。

 

 

そこで今回は、これは揃えておいてよかった!というアイテムをご紹介。

 

どれもなくても問題はないけれど、

あると産後かなり楽に過ごせるグッズばかりです♪

 

では早速いってみましょう!

 

搾乳機

 

搾乳機があると、こんなメリットがあります。

 

・哺乳瓶を使うので赤ちゃんが母乳を飲みやすい

・授乳の時間が短縮できる

・赤ちゃんが飲む母乳の量がわかる

・おっぱいが張った時に、すぐ搾乳できる

・手が汚れない

・搾乳した母乳は保存しておけるので、授乳を旦那に任せることができる

 

つまり、めっちゃ便利でめっちゃ楽♡

 

出産する前は、「どうせおっぱいから授乳するから搾乳機は要らんだろー」と思っていたのですが、

実際のところ、今は毎回搾乳機で事前に搾乳した母乳をあげています(笑)

 

 

うちの子はおっぱいをくわえるのが下手っぴなので、

ちゃんと吸いつくまでにかなり時間がかかるんです。

 

特に夜中の授乳はこの状況に陥ると最悪。

 

眠たいのに授乳に時間がかかるから、めちゃくちゃ疲れる!!

 

最初の頃はおっぱいから母乳をあげていたのですが、一回、搾乳機を使ってからは

あまりの便利さと楽さにもう手放せないアイテムとなっています!

 

 

ちなみに、母乳は冷蔵庫で3日間保存可能なので、

うちは常に搾乳した母乳を3~4本ストックしてありますよ♪

 

ですので、私が休んでいる間は

旦那さんがストック母乳をあっためて授乳してくれます。

 

また、搾乳機でしっかり母乳を出しているので、

以前より母乳の出もよくなりました♪

 

 

ちなみに、私が使用している搾乳機は

Tommee tippee」というブランドのもの。

 

 

私は授乳関連のものは

すべてこのブランドのものを使用しています。

 

このブランドは、こうしたスターターセットも販売していますよ。

 

 

これ1つ購入しちゃえば以下のものがすべて揃えられます♪

 

・消毒器

・哺乳瓶

・ボトルブラシ

・持ち運び用ボトルキーパー

・おしゃぶり

・母乳温め器

 

1つ1つ別々に購入するよりも、

楽に・そしてお得にゲットできちゃいます♪

 

TargetやKmartをはじめ、Baby buntingなどでも販売されているので、

近くのショッピングセンターで手軽に購入できますよ。

 

ドーナツクッション

 

ドーナツクッションは、会陰の傷の痛みを緩和するために使用してます。

 

以前の記事にも書いたように、

うちの子は3870gとかなりデカくなって出てきたため、

私のお股は避けちゃったんですよねえ(泣)

 

ですので、産後すぐ床やいすに座る際には、

このドーナツクッションが欠かせませんでした。

 

 

これも本当に必要かなーと思いながら購入したアイテムでしたが、購入して大正解です。

 

Typoで購入したこのドーナツクッションは、

部屋に置いとくだけでも可愛いですよ♡

 

 

授乳用カップ付きキャミソール

 

授乳用カップ付きキャミソールは、

授乳用ブラをすでに持っていたので購入するか迷ったアイテムでしたが、

産後は基本これしか使ってません!

 

なぜなら、搾乳の度にいちいち服を脱ぐ必要がなく、

キャミソールにブラがついているため洗濯物も少なくて済むから!

 

産前ギリギリに2着だけ購入したのですが、

もっと購入しておけばよかった・・・と少し後悔しています。

 

 

ちなみに私が使用しているのは、

Kmartの商品でお値段は1枚$15です。

 

いろんなお店をまわってみましたが、おそらくKmartが一番安いです。

 

他のマタニティ商品に関しても、

基本的にはすべてKmartが安いと思います。

 

マタニティウェアは長く使うものではないので、

「安くて十分!」という方は、Kmartで揃えるのがおすすめ♪

 

骨盤ベルト

 

腰痛知らずの私でも、やはり産後は骨盤がグラグラする感じや、腰の痛みを感じました。

 

それを助けてくれたのが、体系戻しや骨盤をサポートする役割を果たしてくれる骨盤ベルト。

 

私が使用しているのはこちらの2種類です。

 

 

上がeBayで購入したもので、下がダイソーのもの。

 

なぜ2種類使っているのかというと、

用途によって使い分けているためです。

 

 

eBayの骨盤ベルトは、ダブルバンドなのでホールド力強め。

 

ですので、立って何かをするときや、歩くときはこちらを基本的に装着しています。

 

 

一方で、ダイソーの骨盤ベルトは、eBayのものに比べるとホールド力は弱めですが、

着け心地が楽なので、就寝時やリラックスしたいときに使用しています。

 

 

ちなみに、オーストラリアでは

骨盤ベルトはあまり店頭で販売されていないんですよね。

 

なかなか骨盤ベルトが見つけられない!っていう方は、

ぜひ参考にしてみてください♪

 

まとめ

 

産後は出産で身体がボロボロな上に、

赤ちゃんのペースに合わせた生活になるので、

ゆっくりする時間も十分にとることができません。

 

産前に比べると非常に疲れも溜まりやすいです。

 

そんな状況を乗り切るためにも、赤ちゃんのものだけではなく、

ママのものも産前にしっかりと準備をしておきましょう!

 

【関連記事】

オーストラリア出産レポ①【陣痛開始~出産】

安産のお茶!ラズベリーリーフティー【オーストラリア出産記録】

オーストラリアの病院で貰えるベビーグッズが豪華な件

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 


【テープ Sサイズ】パンパース さらさらケア (4~8kg) 312枚(104枚×3パック) [ケース品] 【Amazon限定品】

 

タイトルとURLをコピーしました